業者の情報をよく調べる

ベテランの業者を見つけよう

何年も経営しており、たくさんの人から新築を建てる依頼を受け付けている業者がおすすめです。
そこならこれまでの経験を活かして、こちらの希望通りの住宅を建ててくれると思います。
また何年も同じ土地で経営できていることは、ある程度の実力があり、地元の人から信頼されている証拠です。
逆に経営年数や依頼されている数が少ない業者は、実力が伴っていない可能性があるので避けましょう。

業者のホームページに、施工事例に写真が掲載されていたら確認しましょう。
そのように実力があることをアピールし、こちらに情報をたくさん提供している業者は信頼性が高いです。
気になった業者はとりあえずホームページを見て、情報が不足していないかチェックしましょう。

相性が良いことが重要

スタッフと相性が良く、丁寧に接してくれることも業者を決める上で重要なポイントです。
実力があっても相性が悪かったり、雑に対応したりするスタッフではこちらの意図が通じません。
結果的にいらない機能を搭載され、費用が無駄に高くなるというトラブルが起こりやすいので注意しましょう。

新築の建設を依頼する前に、スタッフと積極的にコミュニケーションを取ってください。
こんな住宅が良いと希望を伝えたり、わからないことを質問したりしましょう。
そしてスムーズに対応してくれたスタッフなら、特に問題がありません。
こちらの話を聞かない、質問に答えてくれない、さらに説明がわかりにくいスタッフは信頼できないので、別の業者を選びましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ