暮らしをサポートしてくれる

ゆったりできる住宅にする

家族の人数が多かったり、ゆったりできることを優先したりするなら、リビングを広めに確保するのが良い方法です。
狭いリビングでは家族全員が集まった時に、窮屈に感じてしまいます。
お部屋が窮屈では家族団らんの時間が少なくなりますし、せっかくの自宅がリラックスできる環境ではなくなります。
疲れた心身を癒せるような住宅を作るため、余裕を持ってリビングを作りましょう。

料理が好きな人は、とくにキッチンにこだわっても良いと思います。
戸棚を増やしたり、汚れがつきにくかったりする素材を選択しましょう。
キッチン用品を綺麗に片づけられますし、掃除の手間を省けます。
カタログで人気の機能や最新の機能が紹介されているので、参考にしてください。

誰がそこで暮らすのか

今は自分たちだけかもしれませんが、将来は家族が増える可能性があります。
その時にリフォームをしなくても良いように、今から将来のことも考えて新築を建ててください。
赤ちゃんが生まれる予定なら、子育てをしやすいようキッチンをリビングから見られる間取りにしたり、赤ちゃんが遊ぶスペースを作ったりしましょう。
また滑りにくい床にすると、子供が走り回って転ぶ事故を防げます。

高齢の両親と一緒に暮らすなら、バリアフリー機能が必要です。
バリアフリー機能があれば足腰が弱っている人でも楽に移動できますし、介護をする負担を削減できます。
家族みんなにとって大きなメリットがあるので、バリアフリー機能は優先順位を高く設定するようにしてください。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ